子供にプログラミングの魅力を伝える手段

プログラマーは、ソフトウェア開発にとって重要な役割を持つエンジニアです。
しかし、理系離れが加速しつつある中において、プログラミング技術者の確保が難しくなりつつあります。
ソフトウェア開発の面白さを伝えることは、情報通信業界の開発力を維持する上でも重要なテーマです。

プログラミングは、たとえ子供であってもその面白さを理解することはできます。
実際、優れたプログラマーの中には、幼い頃からプログラム制作に打ち込んできたという人もいます。物を作る面白さはどのような分野でも共通であり、プログラム制作についてももちろんその魅力があります。

しかし、プログラム言語や数値の扱いが、初めてプログラム制作を始める際のハードルを高めていることも事実です。
子供にもプログラミングの面白さを知ってもらうため、子供向けのプログラム言語が開発されています。英語や数学の知識を必要とせず、図形を組み合わせることによってコンピューターを制御するソフトウェアを組み立てることが可能です。
高度な情報処理のソフトウェア開発には向いていないものの、プログラム制作の魅力を伝えるには十分な効果があります。

ソフトウェア制作に不可欠なパソコンも簡単に手に入る時代になった事から、さらに学習しやすい条件は整いつつあります。
あとは、ソフトウェア開発が必ずしも難しいものではなく、興味深い面白いものであることについて人々に知ってもらう活動が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です